お電話

03-6300-0763

10:00~21:00(完全予約制)

休診日:日曜(土曜、祝日の診療は18時迄)
〒151-0053東京都渋谷区代々木2-15-12クランツ南新宿601

総合と総体 8

2016.12.16

20161205_172959.jpg

 

 

**********************************************************************************************
      にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
  ↑↑↑        ↑↑↑
この2つのバナーを、1日1回クリックに是非ご協力下さい!<m(__)m>

クリックしていただくと、ランキングポイントが上がります!!
**********************************************************************************************

 

 

これまでのお話

 

総合と総体 1

総合と総体 2

総合と総体 3

総合と総体 4

総合と総体 5

総合と総体 6   参照

 

 

◆「天人合一思想」とは。

 

 

まあ、この医学が基本に置く「天人合一思想」というものについては、これまで何度か語ってきていますが、これ専門に記事を書いたことがなかったので、

 

ここらで書いときましょう。

 

「天人合一思想」を含む記事 参照

 

 

大宇宙である自然と、小宇宙である人間は、密接に関わり合っている、相互に影響しあっている、という考え方を、「天人感応説」とか、

 

「天人相応説」といい、そこからさらに、天と人は一体である、同根同体である、と考えるのを「天人合一思想」と言います。

 

 

自然現象と人間が関わり合っているというのは、何となく感覚的に分かります。

 

 

でも、 「一体」と言われるとどうでしょうね?

 

 

これは、人間という小宇宙の中にも、無数の宇宙が存在し、大宇宙の中にもまた、無限の小宇宙が存在する、だから一緒なんだ、

 

という、壮大な考え方です。

 

 

この考え方を応用すると、生命体のある部分は全体の情報を持ち、全体はまた部分の情報を持つ、ということになり、

 

ここから、部分と全体は同一、 という考え方が成り立ち、それを、例えば臨床に応用すれば、足ツボだけで全身が治療できるとか、

 

耳ツボだけで全身が治療できるとか、 一部の整体術の先生方の考え方のように、骨盤を調整したら万病に効くとか、

 

頸椎を調整したら万病に効くとか、そういう発想も出てくるわけです。

 

 

また、あるいは一部の歯科医の先生方のように、噛み合わせを調整したら意外な病気が治ったとか、そういうことも起こりえます。

 

歯を治療したら掌蹠膿疱症が治っちゃった   参照

 

 

こういう考え方は、最近の宇宙論や物理学の分野で言われる、「ホログラフィック・パラダイム」や、「トポロジー(位相幾何学)」の発想とも共通する部分があり、

 

大変面白いところです。

 

「トポロジー(位相幾何学)」について(その6)

ホログラフィックパラダイム        参照

 

 

近代の最先端技術を持って、研究に研究を重ねた宇宙論や物理学が、もともとあった東洋哲学と類似してくるというのは、

 

たとえエビデンスがなかったり、あるいは不十分だったとしても、 古代中国人が、この自然に対して、何らかの「真実」を捕まえていたことは明らかだと思います。

 

(別にひいき目に見なくても、そう思います)

 

 

だから数千年も継続している訳で。

 

 

まあ、僕ら東洋医学の臨床家は、その考え方を現代人に活かせる形で再構築し、臨床の場で最大限に表現する責務があると思います。

 

 

 

続く

 

 

 

読者の皆様、1日1回、こちらのバナーをそれぞれ1クリックお願いします!!

 

 

 

清明院オフィシャルサイト

 

清明院スタッフブログ『清明なる日々』

関連記事: 総合と総体(東洋医学の哲学)

ブログ記事関連タグ

この記事に関するコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



:上の図のアルファベットと数字を、左のボックスに御記入ください。 (迷惑コメント対策ですので、お手数おかけしますがよろしくお願い致します。)

 RSSリーダーで購読する

ブログ内検索
おすすめ記事一覧
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ