お電話

03-6300-0763

10:00~21:00(完全予約制)

休診日:日曜(土曜、祝日の診療は18時迄)
〒151-0053東京都渋谷区代々木2-15-12クランツ南新宿601

皮膚トラブルの季節?②

2018.09.27

 

清明院では現在、院内診療、訪問診療ともに多忙のため、求人募集しております!

 

募集内容の詳細は こちら  !!

 

   にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

 

「エキテン」清明院サイト

 

↑↑↑         ↑↑↑

 

読者の皆様、 上のバナーを1日1回クリックにご協力下さい!<m(__)m>

 

************************************************************************************** 

 

 

 

 

おばんでございます。樫山です。

 

 

 

 

前回は、肌に起こるトラブル、湿疹について書きました。

 

 

 

 

前回のブログ

 

 

 

 

湿疹とは皮膚表面に起きる炎症のことで、多くの場合、痒みがでたり、紅斑やブツブツした丘疹が出たり、皮が剥けたり、水疱になったりします。

 

 

 

 

東洋医学でも湿疹と似た様な、「疹」と「斑」という病症があります。

 

 

 

 

「疹」とは、皮膚表面に粟粒状で隆起した赤色の小さい発疹を指していて、手でさするとひっかかるものを指しています。

 

 

 

 

「斑」は、皮膚表面で隆起せず、表面が平滑で、手でさすってもひっかからないものを指し、様々な疾病でみられ、形態・大きさ・色調が様々に表れます。

 

 

 

 

「疹」と「斑」、どちらも似た様な症状ですが、それぞれ発生機序が異なり、温病学ではしっかりと区別をするべきとあります。

 

 

 

 

「疹」は肺熱が鬱閉して営分に波及し血絡を障害するもの。

 

 

 

 

「斑」は熱が陽明に鬱して胃熱が営血を動かして皮膚に外溢させるために生じる。

 

 

 

 

続く・・・

 

 

 

 

*****************************************************************************************

 

      にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

 

清明院オフィシャルホームページ(PC)

 

清明院院長のブログ 「最高の鍼灸の追求」

 

関連記事: 樫山

ブログ記事関連タグ

この記事に関するコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


:上の図のアルファベットと数字を、左のボックスに御記入ください。 (迷惑コメント対策ですので、お手数おかけしますがよろしくお願い致します。)

RSSリーダーで購読する

ブログ内検索
おすすめ記事一覧
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ