お電話

03-6300-0763

10:00~21:00(完全予約制)

休診日:日曜(土曜、祝日の診療は18時迄)
〒151-0053東京都渋谷区代々木2-15-12クランツ南新宿601

日本内経医学会

2019.04.16

清明院では現在、院内診療、訪問診療ともに多忙のため、求人募集しております!

 

 

募集内容の詳細はこちら!!

 

**********************************************************************************************
      にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 

 

「エキテン」清明院サイト

 

  ↑↑↑        ↑↑↑
こちらを、1日1回クリックに是非ご協力下さい!<m(__)m>

クリックしていただくと、ランキングポイントが上がります!!
**********************************************************************************************

 

 

 

こんばんは 浅田です

 

 

 

日曜日は、北里大学で開催している日本内経医学会の定例会に参加してきました。

 

 

 

 

1コマ目は、宮川先生による『史記』の解説

 

 

 

『史記』は中国前漢の時代に司馬遷が編纂した中国の歴史書です。

 

 

 

今回は、『史記』の中の『扁鵲倉公列伝第四十五』の内容を詳しく講義して下さいました。

 

 

 

『扁鵲倉公列伝第四十五』の巻には、古代中国の名医である“扁鵲”について書かれています。

 

 

 

“扁鵲”という人物について、“扁鵲”の3つのエピソードについて、“扁鵲”が治療をしない患者の6つの条件である六不治について書かれており、一文字一文字漢字の意味から講義して下さり、大変勉強になりました。

 

 

 

 

2コマ目は、林先生による『黄帝内経 霊枢』の解説

 

 

 

4月から1年間かけて、『霊枢 九鍼十二原篇』の条文を熟読し、一文字一文字意味を理解しましょう、という講義です。

 

 

 

古典の一番始めには、一番重要な事が書かれていると言われ、この『九鍼十二原篇』が『霊枢』の首篇となっています。

 

 

 

『霊枢 小鍼解篇』と『素問 鍼解篇』には、この『霊枢 九鍼十二原篇』の解説が書かれています。

 

 

 

『素問』『霊枢』の中に、わざわざ解説篇が書かれているのは、『九鍼十二原篇』だけなのです。

 

 

 

これらの事から『九鍼十二原篇』は、『霊枢』の中で最も重要な篇であると考えられます。

 

 

 

『霊枢』の首篇である『九鍼十二原篇』の最初に書いてある文が大変重要で、

 

 

 

“黄帝が鍼治療で病を治す術を知りたい理由”について書かれています。

 

 

 

漢文を声に出して、一人ずつ読まなくてはいけないのでとても緊張しますが、大変勉強になりました。

 

 

 

 

5年後、10年後、20年後を見据えて、『黄帝内経』をはじめ、コツコツ古典の勉強もしていきます。

 

 

 

 

読者の皆様、1日1回、こちらをそれぞれ1クリックお願いします!!

 

 

 

   にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

 

 

「エキテン」清明院サイト

 

 

清明院オフィシャルホームページ(PC)

 


清明院院長のブログ 「最高の鍼灸の追求」

関連記事: 浅田

ブログ記事関連タグ

この記事に関するコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


:上の図のアルファベットと数字を、左のボックスに御記入ください。 (迷惑コメント対策ですので、お手数おかけしますがよろしくお願い致します。)

RSSリーダーで購読する

ブログ内検索
おすすめ記事一覧
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ