お電話

03-6300-0763

10:00~21:00(完全予約制)

休診日:日曜(土曜、祝日の診療は18時迄)
〒151-0053東京都渋谷区代々木2-15-12クランツ南新宿601

喫煙者数と医療費

2020.01.14

清明院では現在、院内診療、訪問診療ともに多忙のため、求人募集しております!

 

 

募集内容の詳細はこちら!!

 

 

**********************************************************************************************
      にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 

 

「エキテン」清明院サイト

 

  ↑↑↑        ↑↑↑
こちらを、1日1回クリックに是非ご協力下さい!

クリックしていただくと、ランキングポイントが上がります!!
**********************************************************************************************

 

 

 

こんばんは 浅田です

 

 

 

先日、WHO(世界保健機関)は、世界の男性喫煙者の人数が初めて減少し始めたと発表しました。

 

 

 

男女を合計した総喫煙者数は減少していましたが、男性の喫煙者数は増加し続け、女性の喫煙者数が減少していました。

 

 

 

WHOによると、2000年から2018年の18年間で、世界の男性の喫煙者数は4300万人増加し、女性の喫煙者数は1億200万人減少したそうです。

 

 

 

2020年は100万人減って、2025年には500万人減る予想となっています。

 

 

 

日本では喫煙に対する規制が強くなっており、私の周りでも喫煙習慣を止める人が増えてきました。

 

 

 

喫煙者が減ると、病気になる人が減り、国の医療費削減になるという考えがあるそうです。

 

 

 

しかし、喫煙者が減り、寿命が長くなると、一人当たりの生涯医療費が増え、国の医療費はむしろ圧迫されるのではないかと考える人もいるそうです。

 

 

 

喫煙者数と医療費の関連性に関しては賛否あり、数十年単位で統計を取ってみないとわかりません。

 

 

 

40兆円を超えている医療費の問題は無視できませんが、病気で苦しむ人が減るのは良いことですね。

 

 

 

   にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

 

「エキテン」清明院サイト

 

 

清明院オフィシャルホームページ(PC)

 


清明院院長のブログ 「最高の鍼灸の追求」

関連記事: 浅田

ブログ記事関連タグ

この記事に関するコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


:上の図のアルファベットと数字を、左のボックスに御記入ください。 (迷惑コメント対策ですので、お手数おかけしますがよろしくお願い致します。)

RSSリーダーで購読する

ブログ内検索
おすすめ記事一覧
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ