お電話

03-6300-0763

10:00~21:00(完全予約制)

休診日:日曜(土曜、祝日の診療は18時迄)
〒151-0053東京都渋谷区代々木2-15-12クランツ南新宿601

日本伝統鍼灸学会迫る!!

2017.10.12

20170523_010855.JPG

 

 

**********************************************************************************************
      にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 

 

「エキテン」清明院サイト

 

  ↑↑↑        ↑↑↑
こちらを、1日1回クリックに是非ご協力下さい!<m(__)m>

クリックしていただくと、ランキングポイントが上がります!!
**********************************************************************************************

 

 

このブログ上でも、これまで何度か告知してきましたが、今週の14,15の二日間は、石川県の金沢で行われる日本伝統鍼灸学会に参加してきます!!

 

jtams 日本伝統鍼灸学会 第45回学術大会 金沢大会 参照

 

 

15日は、わずか10分間ですが、口演発表もしてきます!

 

大会プログラム 参照

 

 

今回、14日の土曜日の午後には、北辰会副代表の藤本新風先生が実技披露をなさいます。

 

 

とんでもないことが起こるかもしれませんよ。(゚∀゚)

 

 

来られる方は、絶対にお見逃しなく☆

 

 

そういう訳で、14日の土曜日は朝一のみ(特別に8時半枠、9時半枠の2枠のみ)診療いたしますが、遠方で朝に間に合わず、治療に来れない患者さん各位、大変申し訳ございません。

 

(土曜日しか治療に来れない患者さんも多いのに、本当に申し訳ございません。)

 

 

その分、キッチリとこの目に、この耳に、臨床に役立つ、未来に役立つ、色々な情報を焼き付けてきます。

 

 

日本伝統鍼灸学会というのは、文字通り日本伝統鍼灸の学術構築をし、普及啓蒙する目的の学会なんですが、清明院のような伝統鍼灸専門の鍼灸院は、

 

今や日本では絶滅危惧種なんだそうです。

 

 

まず伝統鍼灸固有の、伝統的な治療論理と治療手法のみを専門として治療院を開業する人はごく僅か、さらにその治療院が、開業5年後に続いているなんてのは超レアケースなんだそうです。

 

(全体の5%いかないんじゃないでしょうか・・・?)

 

 

先日8周年を迎えた清明院その他、僕の仲間たち、先輩後輩たちの治療院の存在は、ほぼ奇跡的、ということになります。(笑)

 

 

でもね、いつの時代も、伝統鍼灸の患者さんはちゃんといます。

 

 

どこにでもいます。

 

 

ナンボでもいます。

 

 

だから、ちゃんと学んでちゃんと実践すれば、色々な病気に立派に対応することが出来ます。

 

 

鍼灸師も患者さんも、全員やったらいいのに、何でやらないのかな、という思いがあります。

 

 

実に不思議だ。(゜レ゜)

 

 

こんないいものなのに。

 

 

 

読者の皆様、1日1回、こちらをそれぞれ1クリックお願いします!!

 

 

   にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

 

「エキテン」清明院サイト

 

 

清明院オフィシャルサイト

 

 

清明院スタッフブログ『清明なる日々』

関連記事: ひとりごと

ブログ記事関連タグ

この記事に関するコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



:上の図のアルファベットと数字を、左のボックスに御記入ください。 (迷惑コメント対策ですので、お手数おかけしますがよろしくお願い致します。)

 RSSリーダーで購読する

ブログ内検索
おすすめ記事一覧
カテゴリー
最近の投稿

南新宿駅×鍼灸部門
2016年07月時点
アーカイブ