お電話

03-6300-0763

10:00~21:00(完全予約制)

休診日:日曜(土曜、祝日の診療は18時迄)
〒151-0053東京都渋谷区代々木2-15-12クランツ南新宿601

「湿熱」について

2010.01.20

前回は、「寒燥」についてのお話をしました。

今回はその逆の「湿熱(しつねつ)」について書いてみようと思いますです。

最近の気候は、前回述べたようにまさに「寒燥」であります。

それとまったく逆なので、時期外れのように感じますが、日々、患者さんを診ていますと、

今の「寒燥」の時期にもこの「湿熱」という邪気が問題になることがあります。

・・・コレ、なぜでしょうか?

これは明らかに食生活と空調機器に問題の中心があります。

☆「湿」について

「湿邪(しつじゃ)」というのは、過剰に存在(※)すると人体に異常を起こす「邪気」の一つであり、性質の上から「陰邪」に分類されます。

(※ここでいう「過剰に存在」するというのは人体の外でも内でも、という意味です。)

つまり、「湿邪」というのは、平た~く言うと、

「余分なお水」

を意味しますので、単純に水分(お酒も含む)の摂り過ぎ、あるいは食べすぎで胃腸が弱った場合にも、

水分がうまく捌けなくなって、結果として体内に「湿邪」が生じます。

体外の「余分なお水」は、というと梅雨時期や夏場のムシムシ、ジメジメした時期に湿度が高くなりますよね?

まさにあれのことです。

☆「熱」について

それに対して「熱邪(ねつじゃ)」というのは性質的には「陽邪」であり、からだの内外に存在する余分な熱のことを言います。

ここで勘違いしてほしくないのは、現代人は「熱」と聞くとすぐ体温の「発熱」を想像しますが、

東洋医学の言う「熱」というのはそれだけではなく、のどの渇きや便秘、過食傾向、

また、ある種のカゼや感染症の原因などになるもの(邪気)として「熱」というものを位置づけています。

こういう、概念の混同が、東洋医学が理解されにくい原因の大きな一つであります。

(特に鍼灸の学生さん・・・)

前もこんなようなこと言ったかもしんないけど、カゼひいて熱がある人をみた時に、「すごい熱だね~」ではなく、

「体温がHOTだね~。」

とか、

「HEATだね~。」

とか言ってくれれば、誰も混同しないのにな~・・と思います(笑)

体外の「熱邪」は、というと、夏場の暑い時期や、冬場でも過剰な暖房などで不快なほど熱すぎる場合がありますよね?

・・・まさにあれです。

(分かりやすく言うとね。)

この2つ、「湿邪」と「熱邪」が合体したものを、東洋医学では「湿熱の邪気」と呼び、

「寒燥」と同じように、陰陽がうまいことバランスをとってる、邪気の中でも「手強い奴」な訳です。

現代は、外が寒くて乾燥していれば、家の中は暖房と加湿器を使って快適を得ようとします。

しかしやりすぎれば、「ムシ熱い室内」になってしまいかねません。

そうなれば「寒燥」ではなく、季節外れの「湿熱」の病になりやすくなります。

また冬場は、寒いからあまり外に出歩くことも少なく、運動不足になりやすく、忘年会や新年会などで、暴飲暴食、過食傾向になりやすいです。

こうなると胃腸は弱り、体内に余分なお水「湿邪」が増えます。

さらには汗もかきにくい時期ですので、体内の余分な「熱邪」を汗によってうまく排出(発散)することも出来ず、結果、体内に「湿熱の邪気」が生じます。

こうして現代では、冬場なのに「湿熱」の病が問題になることがある訳です。

「湿熱」については、大変面白い部分でもありますので、もっと細かく書こうかなとも思うのですが、

時期的に梅雨時期とかの方が実感しやすいかな、と思うので、その頃になったら、また詳しく述べてみようかなー、と思います。


愛すべき読者の皆様、1日1回、こちらのバナーをそれぞれ1クリックお願いします!!
清明院に皆様のお力を!<m(__)m>

↓↓清き1票を!        ↓↓清き1票を!
人気ブログランキングへ      にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

関連記事: 邪気(発病因子)

ブログ記事関連タグ

この記事に関するコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



:上の図のアルファベットと数字を、左のボックスに御記入ください。 (迷惑コメント対策ですので、お手数おかけしますがよろしくお願い致します。)

 RSSリーダーで購読する

ブログ内検索
おすすめ記事一覧
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ