お電話

03-6300-0763

10:00~21:00(完全予約制)

休診日:日曜(土曜、祝日の診療は18時迄)
〒151-0053東京都渋谷区代々木2-15-12クランツ南新宿601

「太極」「無極」の意味 6

2019.09.21

20190916_212050.JPG

 

 

 

清明院では現在、院内診療、訪問診療ともに多忙のため、求人募集しております!

 

 

募集内容の詳細はこちら!!

 

 

 

**********************************************************************************************
  にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

  ↑↑↑        ↑↑↑
こちらを、1日1回クリックに是非ご協力下さい!<m(__)m>

 

 

クリックしていただくと、ランキングポイントが上がります!!
**********************************************************************************************

 

 

これまでのお話し

 

「太極」「無極」の意味    

「太極」「無極」の意味 2 

「太極」「無極」の意味 3      

「太極」「無極」の意味 4  

「太極」「無極」の意味 5      参照

 

 

さて、続きいきましょう!!

 

 

◆「陰陽論」ではなく「”太極”陰陽論」。 その②

 

 

さて前回は、蓮風先生の著書における「太極」のとらえ方を紹介し、北辰会が鍼灸臨床で「太極」をどう考えているのか、というお話を紹介しました。

 

 

僕らは、あくまでも現代日本の鍼灸臨床家なのであって、哲学者や歴史学者ではないので、古代中国哲学や、哲学用語の歴史的変遷や、東洋医学のバイブルとされるような各種古典の内容も、

 

懐古趣味や尚古主義ではなく、あくまでも現代日本人への鍼灸臨床に役立つような、理解運用の仕方をしないといけません。

 

 

これが北辰会の提唱する「臨床古典学」という立場ですね。

 

 

因みに、(一社)北辰会では「無極」という言葉についてはあまり言及されないのですが、奥村裕一学術部長がかつて1997年に『全日本鍼灸学会誌』上に発表された、

 

「日本鍼灸古流派の研究-腹診および腹部刺鍼を中心として」

 

という論説の中に、日本の江戸期の医家による、腹部における「太極」「無極」という表現が出てきます。

 

 

ここについても今回、ついでなんで、あとで触れておきましょう。(∩´∀`)∩

 

 

・・・ところで、前回言うように、北辰会では「陰陽論」を単に「陰陽論」と言わずに、あえて「”太極”陰陽論」と呼んでいるのには、陰陽は偉大な哲学、分析学だけれども、

 

あくまでも常に「太極を踏まえた上で」分析することが重要だ、というメッセージが含まれています。

 

 

陰陽という「二」で考えつつも、常に太極と言う「一」の視点を外さないこと。

 

 

ですので「陰陽論」は単純な二元論ではなく、「二元的一元論」なのである、という重要な主張です。

 

 

陰陽論が、森羅万象に対する単なる分析学なのであれば、その境界線やものさしは精密で精緻であればあるほど良いわけですが、西洋医学のように、

 

電子顕微鏡レベルにまで精密精緻になってくると、出来ることや分かったことが増える一方で、分からないことも増えていき、時に「木を見て森を見ず」となって、

 

結果的にかえって「自然(人体)のトータルな全体としてのバランスの調和」を見逃す、見誤る、ということが起こりうる訳ですね。

 

 

ここに、よく言われるように、西洋医学で治らないものが、東洋医学では治ることがある、という事実の謎が隠されていると考えています。

 

 

上記の考えは北辰会方式のすべてを貫いており、以前紹介した「総合と総体」の話や、「直観と論理」の話にも通じてきます。

 

総合と総体(東洋医学の哲学)   

「直観」を含む記事              参照

 

 

あくまでも「気一元」の世界観。

 

 

色々分けるけど、そもそも分けれないもの「太極=太一」なのだ、ということが大前提なんです。

 

 

 

続く。

 

 

 

読者の皆様、1日1回、こちらをそれぞれ1クリックお願いします!!

 

 

 

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

 

 

「エキテン」清明院サイト

 

 

清明院オフィシャルサイト

 

 

清明院スタッフブログ『清明なる日々』

 

 

 

関連記事: 東洋医学あれこれ

ブログ記事関連タグ

この記事に関するコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



:上の図のアルファベットと数字を、左のボックスに御記入ください。 (迷惑コメント対策ですので、お手数おかけしますがよろしくお願い致します。)

 RSSリーダーで購読する

ブログ内検索
おすすめ記事一覧
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ