お電話

03-6300-0763

10:00~21:00(完全予約制)

休診日:日曜(土曜、祝日の診療は18時迄)
〒151-0053東京都渋谷区代々木2-15-12クランツ南新宿601

話のプロ第4弾

2019.03.22

清明院では現在、院内診療、訪問診療ともに多忙のため、求人募集しております!

 

 

募集内容の詳細はこちら !!

 

 

*****************************************************************************************

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

 

 

「エキテン」清明院サイト

 

↑ ↑ ↑                                           ↑ ↑ ↑

読者の皆様、 こちらのバナーのクリックにご協力下さい!

*****************************************************************************************

 

 

こんばんは、松田です☆"

 

 

卒業式が終わり、すぐに入学式があり、新年度が始まりますね。

 

来年度から本校では外部の臨床実習が始まりますので、その準備が大変ですが何とか頑張ります。

 

 

どんな新1年生が入ってくるのか、どんないい雰囲気に学校が変わっていくのかこれから楽しみですね。

 

 

 

 

先日、これまた行きたかった落語を川崎まで見に行ってきました。

 

 

 

 

今回は、立川志らく、柳家花緑、三遊亭円楽さんの三人会を見に行きました。

 

前座として立川らくぼ(志らくさんの15番弟子)さんも出演されていました。

 

 

演目は、立川らくぼさんが「転失気」、立川志らくさんが「親子酒」、柳家花緑さんが「時そば」、三遊亭円楽さんが「読書の時間」でした。

 

 

 

 

どれも面白かったですが、個人的には花緑さんの声が聞こえよく、話のスピードは速いのですが、聞き取りやすくて良かったですね。(学生目線、教員目線でみるとそういう視点になりがちですね(笑))

 

 

 

 

特に印象的だったのは、大体枕に師匠の話を入れて笑いを取るところを、花緑さんはご自身が発達障害で噺家であるということを告白しておられ、その話をした上で自然に本題に入って行かれました。

 

(毎回誰の落語を聞いても思いますが、枕から自然に本題に入っていくあの技術は凄いですね。)

 

 

 

 

今まで何かおかしいと思っていたことが、最近発達障害と診断されたことで、脳の病気だったんだと気持ちが軽くなり、障害のせいにできるからレッテルを貼られても逆に良いと考えていると仰っていました。

 

 

逆に普通だとか、障害じゃないとか言われる方が何だか馬鹿にされているようで、自分は良く思わないとも仰っていました。

 

 

 

 

通常ハンデともとられる障害を持ちながらも、非常に面白い落語をされており、言われるまで全然分からなかったので本当にすごいなと思いました。

 

 

 

 

あと、そばやお酒などの擬音の芸も名人芸的な感じで感動しましたね。

 

 

 

 

また、勉強も兼ねて見に行きたいと思います。

 

 

 

 

関連ブログ↓↓(落語)

 

院長ブログ

 

 

スタッフブログ

 

 

 

 

 

 

読者の皆様、こちらのバナーのクリックにご協力下さい!

 

 

 

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

 

 

「エキテン」清明院サイト

 

 

清明院オフィシャルホームページ(PC)

 


清明院院長のブログ 「最高の鍼灸の追求」

関連記事: 松田

ブログ記事関連タグ

この記事に関するコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


:上の図のアルファベットと数字を、左のボックスに御記入ください。 (迷惑コメント対策ですので、お手数おかけしますがよろしくお願い致します。)

RSSリーダーで購読する

ブログ内検索
おすすめ記事一覧
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ