お電話

03-6300-0763

10:00~21:00(完全予約制)

休診日:日曜(土曜、祝日の診療は18時迄)
〒151-0053東京都渋谷区代々木2-15-12クランツ南新宿601

「腹哀」という経穴 ⑥

2019.02.01

20190120_213941.JPG

 

 

 

清明院では現在、院内診療、訪問診療ともに多忙のため、求人募集しております!

 

 

募集内容の詳細はこちら!!

 

 

**********************************************************************************************
      にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 

 

「エキテン」清明院サイト

 

  ↑↑↑        ↑↑↑
こちらを、1日1回クリックに是非ご協力下さい!<m(__)m>

クリックしていただくと、ランキングポイントが上がります!!
**********************************************************************************************

 

 

 

これまでのお話し

 

「腹哀」という経穴 ①  

「腹哀」という経穴 ②  

「腹哀」という経穴 ③     

「腹哀」という経穴 ④     

「腹哀」という経穴 ⑤         参照

 

 

◆「肺先」の意味。(竹下の妄想(笑))

 

 

夢分流腹診図

 

 

腹哀穴は、日月穴、期門穴(旧説の位置)と縦に並んでおり、鍼灸師とってあまりにも有名な「夢分流腹診図」においては「肺先」と呼ばれる部位の下部あたりに位置する。

 

 

『針道秘訣集』には、「肺先」の説明として、

 

「ここに邪気往するときは息短く喘息、痰出(い)で肩ひじの煩い出る。」

 

と書いてある。

 

 

蓮風先生の『弁釈針道秘訣集』では、

 

「喘息はむしろ脾募に出る、風寒邪が入ると心下に出る、肝の相火、肺先から心下の邪が結びつくと呼吸困難を起こす。云々・・・」

 

とある。

 

 

蓮風先生らしく、書いてあることをそのまま鵜呑みにするのではなく、必ず実際の現代の臨床と照らし合わせて考えておられることがよく分かるのですが、

 

まあ、「肺先」というぐらいで、臨床的には呼吸器の病変を反映するんだなと、簡単に理解できます。

 

 

ここで当然、じゃあ「先」ってどういう意味??と気になる。

 

 

「先」を軽く字解きすると、諸橋徹次『広漢和辞典』によれば、

 

①すすむ、すすめる

②さき

③むかし、以前

④死んだ、亡くなった

⑤祖先

⑥さきだち、さきがけ

⑦てびき、紹介

⑧さきぶれ

⑨まず、さきに

⑩さきんずる

⑪先生

⑫碁などで、相手よりも先に碁石を下すこと

⑬姓

 

と、非常に意味が多いが、個人的にはが気になる。

 

 

白川静『字通』によれば、上記以外の意味では

 

①死者

②追い越す

 

という意味があるらしいが、これも個人的にはが気になる。

 

 

夢分流の創始者である夢分斎先生も、呼吸を止めてしまえば、全く健康な人であっても即座に死ぬということは当然知っていたはずだし、呼吸機能そのものが弱ければ、

 

全身の気血の状態が悪くなり、全ての病気が治りにくくなる、つまり死に近くなる、ということは当然知っていた筈です。

 

 

僕的には、かねてから、この「肺先」というエリアは、その呼吸機能(肺の臓の生理作用)に大きく関わるエリアであり、そこに「先」という文字をあえて入れたのは、単に

 

「ここは肺の臓の先っぽらへんを示すよん」

 

という意味”以上の”意味が込められている気がしてならないのです。。。

 

 

「腹哀」という経穴 ③で、小田規矩之介先生の見解として述べたように、腹哀の「哀」の字が「商」に通じ、西方、太陰(経絡で言えば脾肺)を示すということとも繋がって、

 

夢分斎先生禅僧であったことも考えると、西方浄土、この世とあの世の境目、順逆を分ける重要な診どころとして「肺先」「腹哀」を意識して診てしまうのです。。。

 

 

ある種の重症疾患や難治性疾患で、肺先に邪が出ていた場合、治療によってその邪が下外方に移動するか、変わらないか、上内方に移動するか、

 

沈んでいくかは、けっこう重大な問題なんじゃないかな、な~んて、以前から妄想しています。。。

 

 

・・・とまあ、今日の話は、全くの妄想であり、読者の皆様のご批判を頂ければ幸甚と思います。

 

 

割かし僕の臨床感覚は、そういうのが至る所にあります。

 

 

もうちょっと続く

 

 

 

読者の皆様、1日1回、こちらをそれぞれ1クリックお願いします!!

 

 

 

   にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

 

 

「エキテン」清明院サイト

 

 

清明院オフィシャルサイト

 

 

清明院スタッフブログ『清明なる日々』

 

 

 

関連記事: 経穴

ブログ記事関連タグ

この記事に関するコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



:上の図のアルファベットと数字を、左のボックスに御記入ください。 (迷惑コメント対策ですので、お手数おかけしますがよろしくお願い致します。)

 RSSリーダーで購読する

ブログ内検索
おすすめ記事一覧
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ