お電話

03-6300-0763

10:00~21:00(完全予約制)

休診日:日曜(土曜、祝日の診療は18時迄)
〒151-0053東京都渋谷区代々木2-15-12クランツ南新宿601

「腹哀」という経穴 ④

2019.01.29

20190120_214138.JPG

 

 

 

清明院では現在、院内診療、訪問診療ともに多忙のため、求人募集しております!

 

 

募集内容の詳細はこちら!!

 

 

**********************************************************************************************
      にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 

 

「エキテン」清明院サイト

 

  ↑↑↑        ↑↑↑
こちらを、1日1回クリックに是非ご協力下さい!<m(__)m>

クリックしていただくと、ランキングポイントが上がります!!
**********************************************************************************************

 

 

 

これまでのお話し

 

「腹哀」という経穴 ①  

「腹哀」という経穴 ②  

「腹哀」という経穴 ③       参照

 

 

◆「腹哀」は胆の募穴「日月」、肝の募穴「期門」と近い☆

 

 

ここまで、ほとんど誰にも顧みられることの無い、超マイナーな経穴である「腹哀」穴に関して、

 

1.所属経絡としての魅力、

 

2.位置的な魅力、

 

3.横並びの重要経穴群の魅力、

 

4.字解き(字義解釈)上の魅力

 

について触れてきました。

 

 

これだけ挙げても、まだまだ他にも魅力的なんです、腹哀は。(゚∀゚)

 

 

今度は「縦並び」です。

 

 

実は腹哀穴のすぐ上には、胆の腑の募穴である日月穴、その上には肝の臓の募穴である期門穴があります。

 

「胆」って何ですか?(その12)

「肝」って何ですか?(その13)   参照

 

 

現行の経穴学の教科書(日中韓合意WHO採用版)では、期門穴の位置は巨闕穴の外方4寸、第6肋間に取穴する、とあります。

 

 

期門(第6肋間)

 

↑↑ここね。

 

 

我々が卒業した頃の教科書では、第9肋軟骨の付着部の下際に取る、と教わっていました。

 

 

期門(第9肋軟骨前下際) (2)

 

 

↑↑ここね。

 

 

もともと、期門穴の位置については諸説あり、現在の教科書では「第6肋間説」が採用されているようです。

 

 

僕としては、鍼灸学生時代に、腹哀穴の真上に日月穴、その真上に期門穴という縦並びの位置関係に着眼したので、どうも現行教科書の説には馴染めません。

 

(笑・・・まあ、あそこに反応出ることもあるんだけどね(;'∀'))

 

 

腹哀足太陰脾経上の経穴で奇経八脈陰維脈と交わり、位置的には帯脈上にも位置し、日月足少陽胆経上で胆の募穴、期門足厥陰肝経上で肝の募穴、

 

この3経の重要穴処が「あそこ」に配されていることに、深い意味を感じずにはいられません☆

 

 

「あそこ」とはもちろん、「膈」付近であります。

 

 

 

続く

 

 

 

読者の皆様、1日1回、こちらをそれぞれ1クリックお願いします!!

 

 

 

   にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

 

 

「エキテン」清明院サイト

 

 

清明院オフィシャルサイト

 

 

清明院スタッフブログ『清明なる日々』

 

 

 

関連記事: 経穴

ブログ記事関連タグ

この記事に関するコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



:上の図のアルファベットと数字を、左のボックスに御記入ください。 (迷惑コメント対策ですので、お手数おかけしますがよろしくお願い致します。)

 RSSリーダーで購読する

ブログ内検索
おすすめ記事一覧
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ