お電話

03-6300-0763

10:00~21:00(完全予約制)

休診日:日曜(土曜、祝日の診療は18時迄)
〒151-0053東京都渋谷区代々木2-15-12クランツ南新宿601
当院では、新型コロナウイルス対策は常に最大化、最適化しておりますのでご安心ください。
「当院の新型コロナウイルス感染抑止対策について」

マイコプラズマ肺炎急増(その5)

2010.12.17

こんばんは、森岡です(^_^)

前回までのお話し・・・

マイコプラズマ肺炎急増(その1)

マイコプラズマ肺炎急増(その2)

マイコプラズマ肺炎急増(その3)

マイコプラズマ肺炎急増(その4)

続き行きます!!

前回は、秋の収斂作用が内熱を漏れにくくさせた、という話でした。

今回は、秋における気候という視点から、考えてみたいと思います。

東洋医学では、自然界の気候変化を大きく6つに分けました。

これを、

「六気(ろっき)」

と呼びます。

その6つとは、

「風・暑・火・湿・燥・寒」

です。

それぞれ、

「ふう・しょ・か・しつ・そう・かん」

と読みます。

古代中国民族は農耕民族でしたから、自分たちの生命線である農作物に多大な影響を及ぼす気候については、本当によく研究していたようです。

この「六気」は、旺盛になる季節が決まっています。

風は春に、暑・火は夏に、湿は長夏(夏と秋の間)に燥は秋に、寒は冬に盛んとなります。

この辺は何となくわかりますよね。

春は風がよく吹くし、夏は暑いし・・・云々

この「六気」の変化が過度になりすぎたり、逆に不足したりすると、体に異常を引き起こす因子となると考えられています。

(この辺の話は『素問』運気七篇あたりに詳しく書いてありますよね。)

異常を引き起こす因子のことを「邪(じゃ)」と呼びます。

それが6つあるので、

「六邪(りくじゃ)」または「六淫(りくいん)」

なんて呼ばれます。

つまり、「風邪・暑邪・火邪・湿邪・燥邪・寒邪」というようになります。

そして、マイコプラズマ肺炎が流行する秋冬にかけては、

「燥邪」「寒邪」が活躍します。

活躍なんていうと何かプラスイメージになっちゃいますが・・・。

次回に続く。


愛すべき読者の皆様、1日1回、こちらのバナーをそれぞれ1クリックお願いします!! 清明院に皆様のお力を!

↓↓清き1票を!   ↓↓清き1票を!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ


清明院オフィシャルホームページ(PC)

清明院オフィシャルホームページ(携帯)

清明院院長のブログ 「最高の鍼灸の追求」


関連記事: 森岡マイコプラズマ肺炎

ブログ記事関連タグ

この記事に関するコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


:上の図のアルファベットと数字を、左のボックスに御記入ください。 (迷惑コメント対策ですので、お手数おかけしますがよろしくお願い致します。)

RSSリーダーで購読する

ブログ内検索
おすすめ記事一覧
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ