お電話

03-6300-0763

10:00~21:00(完全予約制)

休診日:日曜(土曜、祝日の診療は18時迄)
〒151-0053東京都渋谷区代々木2-15-12クランツ南新宿601

相撲と東洋医学(その4)

2010.12.04

こんばんは、森岡です(^_^)

前回までのお話・・・

相撲と東洋医学(その1)

相撲と東洋医学(その2)

相撲と東洋医学(その3)

続き行きます!!

行司さんが発する掛け声「はっけ(き)よい」にも、当然、東洋思想が組み込まれています。

有力な説として2つあります。

1つは、「発気揚揚(はっきようよう)」説で、もう1つは、「八卦(はっけ・はっか)良い」説です。


「発気揚揚」説

発気揚揚という言葉が、つまって「はっきよい」となったという説です。

発気は「気を発すること」で、揚揚は「得意げなさま」を表す言葉です。

転じて、「もっと気を発して戦え、気を充実させろ」という力士に奮起を促す意味で、使われています。

「気」の思想が、一般的に普及していたことが伺えますね。

また、「気」が人間の

動きや強さを左右する要素

だと認識されていたんですね。

もう1つ、「声」によって、「気」に変化を起こすというのも、興味深いですね~。


「八卦良い」説


「当たるも八卦、当たらぬも八卦」ということわざは、皆様にもなじみのあるものであると思います。

この「八卦」は、以前、少しお話した「易(えき)」における言葉です。

勉強会に行ってきました!  参照

古来、人々は「無」から「有」が生じると考えていました。

それを「易」では、太極(無)から両儀(陰陽)を生じると記されています。

両儀(陰陽)を、さらに陰陽でわけると、四象(陽中の陰とか陰中の陰とかですね)が生じるとしています。

さらにさらに、四象を陰陽でわけると「八卦」が生じます。

この「八卦」は、

万物の普遍的現象を具体的に表している8つの基本形

であります。

この8つは、

「乾・兌・離・震・巽・坎・艮・坤」

と表されます。

順に、

「けん・だ・り・しん・そん・かん・ごん・こん」

と読みます。

それぞれの示す意味は、順に、

「天・沢・火・雷・風・水・山・地」

となります。

乾坤一擲(けんこんいってき)という言葉がありますが、そのもとは「易」の乾と坤(天と地)からきています。

「易」では、この8つの基本形を、さらに複雑に組み合わせることにより、この世の全ての変化を表現しようとしたわけです。

つまり、「はっけよい」は「八卦良い」であり、全ての準備が整い、真剣勝負の場が出来上がった事を意味します。

また、相撲は古来、「天下泰平・五穀豊穣を祈る祭り事」であったことは、これまでに述べています。

ですから、勝敗がどの様に転んでも、「良い八卦となりますように」との願いも、込められていたのではないでしょうか。

この様に、国技・相撲には、東洋思想がふんだんに散りばめられています。

他にも、行司さんの軍配は月と太陽を象徴しているとか、まだまだあります(笑)

つまり国として、根底に東洋思想が根付いていた訳です。

現在、日本がこれだけ迷走をきわめている理由の一つとして、

日本という国の、根底にある思想がほぼ無いことも、挙げられるのではないでしょうか。

次回まとめです。


愛すべき読者の皆様、1日1回、こちらのバナーをそれぞれ1クリックお願いします!! 清明院に皆様のお力を!

↓↓清き1票を!   ↓↓清き1票を!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ


清明院オフィシャルホームページ(PC)

清明院オフィシャルホームページ(携帯)

清明院院長のブログ 「最高の鍼灸の追求」

関連記事: 森岡相撲と東洋医学

ブログ記事関連タグ

この記事に関するコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


:上の図のアルファベットと数字を、左のボックスに御記入ください。 (迷惑コメント対策ですので、お手数おかけしますがよろしくお願い致します。)

RSSリーダーで購読する

ブログ内検索
おすすめ記事一覧
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ