お電話

03-6300-0763

10:00~21:00(完全予約制)

休診日:日曜(土曜、祝日の診療は18時迄)
〒151-0053東京都渋谷区代々木2-15-12クランツ南新宿601
当院では、新型コロナウイルス対策は常に最大化、最適化しておりますのでご安心ください。
「当院の新型コロナウイルス感染抑止対策について」

マイコプラズマ肺炎急増(その1)

2010.12.13

こんばんは、森岡です(^_^)

今日から急にまた、冷え込みがきつくなってきましたね!!

往診事業部の移動は、専らバイクなので寒くなると堪えます(苦笑)

みなさんも、風邪をひかないよう気をつけて下さいね!!

さて、

この間のニュースで、「マイコプラズマ肺炎が過去10年で最多に」というものがありました。

なぜ今年に、マイコプラズマ肺炎が流行しているのでしょう。

それを、東洋医学的に解析してみたいと思います。

その前に、マイコプラズマ肺炎とはどういったものでしょうか?

「マイコプラズマ肺炎」とは、肺炎マイコプラズマという病原体によって引き起こされる肺炎のことです。

一般的に、晩秋から早春にかけて流行します。

この肺炎は、異型肺炎とも呼ばれ通常の肺炎とは少し異なります。

どこが違うかというと、主に、

1.若年者に多かった。(通常の肺炎は年配者に多い。)

2.抗生物質(ペニシリン)が効かない。

3.胸部レントゲン写真で診られる影の割に、症状はきつくない。

4.聴診器による診断で、肺炎特有の音が聞こえにくい。

の4点です。

他にも、炎症反応を示す、白血球数やCRPが上昇しにくいなどもあります。

つまり、発見が遅れるか、もしくはただの風邪として扱われてしまうことが多いようです。

潜伏期間は、通常2~3週間で、その後発症します。

主な症状は、一般的な風邪症状とほぼ同じで、咳、発熱、咽喉の痛み、鼻症状、頭痛、全身倦怠感などです。

感染経路は、咳による飛沫感染で拡大していきます。

他に、消化器症状や中耳炎、髄膜炎、ギランバレー症候群、心筋炎などを合併することもあります。

これらの症状の中で、特に特徴的なものがあります。

それはです。

マイコプラズマ肺炎は、咳が非常に長引くのが特徴的です。

統計的に、約4週間ほど続くパターンが最も多いようです。

また、発熱は通常の肺炎に診られるような高熱ではなく、微熱であることが多いです。

発熱から始まり、その数日後から咳症状が出現します。

咳の特徴は「乾いた、激しい咳」です。

その後、経過を追うごとに痰が絡むようになることもあります。

また、通常の風邪薬は効果のないことが多いです。

ですから、

頑固で激しい、長期的な乾いた咳+発熱+全身倦怠感+でも比較的元気

そして、風邪薬が効かないときたら、マイコプラズマ肺炎を疑ってもいいようです。

ここまでは、西洋医学的な見地からのお話でした。

次回は、東洋医学的な見地でお話ししたいと思います。



愛すべき読者の皆様、1日1回、こちらのバナーをそれぞれ1クリックお願いします!! 清明院に皆様のお力を!

↓↓清き1票を!   ↓↓清き1票を!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ


清明院オフィシャルホームページ(PC)

清明院オフィシャルホームページ(携帯)

清明院院長のブログ 「最高の鍼灸の追求」

関連記事: 森岡マイコプラズマ肺炎

ブログ記事関連タグ

この記事に関するコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


:上の図のアルファベットと数字を、左のボックスに御記入ください。 (迷惑コメント対策ですので、お手数おかけしますがよろしくお願い致します。)

RSSリーダーで購読する

ブログ内検索
おすすめ記事一覧
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ