お電話

03-6300-0763

10:00~21:00(完全予約制)

休診日:日曜(土曜、祝日の診療は18時迄)
〒151-0053東京都渋谷区代々木2-15-12クランツ南新宿601

吉村昭『白い航跡 上下巻』

2019.07.14

20190610_223329.JPG

 

 

 

清明院では現在、院内診療、訪問診療ともに多忙のため、求人募集しております!

 

 

募集内容の詳細はこちら!!

 

 

 

**********************************************************************************************
      にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 

 

「エキテン」清明院サイト

 

  ↑↑↑        ↑↑↑
こちらを、1日1回クリックに是非ご協力下さい!<m(__)m>

クリックしていただくと、ランキングポイントが上がります!!
**********************************************************************************************

 

 

こないだ、吉村昭『白い航跡 上下巻』を読んだ。

 

(吉村昭は『日本医家伝』も必読ですね。)

 

 

これは明治の海軍軍医、高木兼寛(1849-1920)の物語です。

 

 

この先生は、薩摩藩(現:宮崎県)出身、当時恐れられていた国民病であり、日露戦争では戦死者を上回ったとされ、戦争遂行する上で重大問題になっていた「脚気」の撲滅に尽力し、

 

後の鈴木梅太郎のビタミンの発見の原点となる功績を残した人物で、横須賀や靖国神社で今でも食える「海軍カレー」を軍人の食事に取り入れた人物でもあります。(笑)

 

 

また、現:慈恵医大の前身である成医会講習所の創設者であり、日本初の看護学校の創設者としても知られています。

 

 

「脚気」に関して、この先生の唱えた「白米説」と、森鴎外(林太郎)の唱えた「感染症説」の対立は非常に有名です。

 

 

因みに、ずいぶん前に何度か紹介しましたが、脚気に関して、東洋医学と西洋医学の真剣な対立(しかも東洋医学の勝利)があったことは、一般にはなぜかあまり知られていません。(苦笑)

 

「脚気」を含む記事 参照

 

 

この本では、明治維新以降の戊辰戦争、日清、日露戦争の戦場での医学、明治期にドイツ医学とイギリス医学、どちらを選ぶかの歴史が非常によく調べてあり、面白い。

 

 

もし、明治新政府が、当時の海軍が選択したように、学理的考究を重んじるドイツ医学ではなく、実証主義的なイギリス医学を選択していたら、

 

その後の歴史、現代の医療界(とりわけ、東洋医学の取り扱い)も、違ったものになっていたかもしれませんね。。。

 

 

・・・まあ、歴史にタラレバはない。

 

 

僕らは今やれることを最大限やるのみ。

 

 

 

読者の皆様、1日1回、こちらをそれぞれ1クリックお願いします!!

 

 

 

   にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

 

 

「エキテン」清明院サイト

 

 

清明院オフィシャルサイト

 

 

清明院スタッフブログ『清明なる日々』

 

 

関連記事: 雑学

ブログ記事関連タグ

この記事に関するコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



:上の図のアルファベットと数字を、左のボックスに御記入ください。 (迷惑コメント対策ですので、お手数おかけしますがよろしくお願い致します。)

 RSSリーダーで購読する

ブログ内検索
おすすめ記事一覧
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ