お電話

03-6300-0763

10:00~21:00(完全予約制)

休診日:日曜(土曜、祝日の診療は18時迄)
〒151-0053東京都渋谷区代々木2-15-12クランツ南新宿601

休む時間に休む

2018.05.22

*****************************************************************************************

 にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

 

「エキテン」清明院サイト

 

読者の皆様、 こちらのバナーのクリックにご協力下さい!

*****************************************************************************************

 

 

 

こんばんは 浅田です

 

 

 

健康を保つためには十分な睡眠をとることが重要です。

 

 

 

しかし、入眠できない、途中で目が覚めてしまう、夢をよく見るなど、睡眠を上手く取れずに朝を迎える人がいます。

 

 

 

眠れないことに不安や苛立ちが募り、余計に眠れなくなる人もいますが、睡眠時間を十分に取れないからといっても焦らないことです。

 

 

 

例え眠れなくても、陰の時間帯に身体を横にして骨を休ませ、電気を消して目を閉じているだけでも、十分に”陰”を養え、休養を取れます。

 

 

 

陰の時間については

 

丑の刻 参照

 

 

 

陰の時間帯に心身を休ませ、陽の時間帯に活動して、休養と活動のメリハリのある生活を送ることが大切なのです。

 

 

 

ですので、眠れないからといって夜中に活動するのではなく、休むべき時間にはしっかり目を閉じて休みましょう。

 

 

 

 

*****************************************************************************************

 にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

 

「エキテン」清明院サイト

 

読者の皆様、 こちらのバナーのクリックにご協力下さい!

*****************************************************************************************

清明院オフィシャルホームページ(PC)

清明院院長のブログ 「最高の鍼灸の追求」

関連記事: 浅田

ブログ記事関連タグ

この記事に関するコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


:上の図のアルファベットと数字を、左のボックスに御記入ください。 (迷惑コメント対策ですので、お手数おかけしますがよろしくお願い致します。)

RSSリーダーで購読する

ブログ内検索
おすすめ記事一覧
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ