お電話

03-6300-0763

10:00~21:00(完全予約制)

休診日:日曜(土曜、祝日の診療は18時迄)
〒151-0053東京都渋谷区代々木2-15-12クランツ南新宿601

腹診における逆証所見 3

2018.12.10

20181029_201605.JPG

 

 

 

清明院では現在、院内診療、訪問診療ともに多忙のため、求人募集しております!

 

 

募集内容の詳細はこちら!!

 

 

**********************************************************************************************
      にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 

 

「エキテン」清明院サイト

 

  ↑↑↑        ↑↑↑
こちらを、1日1回クリックに是非ご協力下さい!<m(__)m>

クリックしていただくと、ランキングポイントが上がります!!
**********************************************************************************************

 

 

これまでのお話し

 

参照

 

 

「逆証の腹診所見」に関して、以前紹介した石原保秀先生の著作『死生要訣』に再び学んでみましょう。

 

墓マイラー 27(番外編) 張仲景先生   参照

 

 

ここでは、東洋医学の代表的な古典である『千金方』『脈経』『儒門事親』から持ってきて、百病死生訣とし、

 

1.胸腹積聚+脈虚弱、脈沈、

 

2.腹腫大+脈長大+四肢逆冷

 

3.腹腸満便血+脈小 

 

の3つを挙げて下さっています。

 

 

腹に腫塊が出来たり、便に出血をみるパターンです。

 

 

腫塊は、どこに出来ても、あまりいい病気ではありませんね。

 

 

現代では何と言っても癌や動脈瘤なんかが有名ですね。

 

 

出血も、場合によっては怖いものも多いです。

 

 

昔の東洋医学の医者も、当然こういう「ヤバい所見・症状」を観察していました。

 

 

ここで面白いのは、「腹と脈」などを組み合わせて判断しているところです。

 

 

腹が邪実なのに脈は正気虚、とか、これが一致してても、全身の気血の偏在と一致してない、とか、こういう、「不可解な不一致」はヤバい、と考えます。

 

七死の脈⑩ 附録 形気の不和について   参照

 

 

非常に参考になるところですね。

 

 

続く

 

 

読者の皆様、1日1回、こちらをそれぞれ1クリックお願いします!!

 

 

 

   にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

 

「エキテン」清明院サイト

 

 

清明院オフィシャルサイト

 

 

清明院スタッフブログ『清明なる日々』

 

 

関連記事: 四診(診察法)

ブログ記事関連タグ

この記事に関するコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



:上の図のアルファベットと数字を、左のボックスに御記入ください。 (迷惑コメント対策ですので、お手数おかけしますがよろしくお願い致します。)

 RSSリーダーで購読する

ブログ内検索
おすすめ記事一覧
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ